肌の悩みで多いことランキング

肌の悩みで多いランキングですが、これは年代によっても違いがあります。若い10代の悩みとしては、トップにくるのがニキビの悩みです。思春期ですから、成長の過程でニキビができやすい時期でもあります。皮脂分泌が過剰で、毛穴を塞いでしまうために、思春期ニキビは出来やすくなります。10代の悩みのランキングでは、ほかにも、毛穴彩ベタつきといった内容が入っており、ニキビと関連のある悩みが多くなります。

20代の肌悩みランキングになってくると、10代とは違ってきてトップにくるのは乾燥です。20代は、大学生になったり、社会に出ていく年代でもあるため、生活習慣も変わってきます。女性はメイクをするようになりますし、社会人ともなればビジネスでのお付き合いも増えます。食事や生活習慣も乱れますから、それが乾燥などにもつながりやすくなります。ランキングでは、毛穴の汚れや開きも入っています。大人ニキビも、ランキングには入ってきます。

30代の肌悩みランキングでは、上位にシミの悩みがランクインしてきます。そして乾燥や、毛穴の開きなども入っています。感想や毛穴という目立つ悩みを抱え始めるのも、30代カラが本番と言えます。40代の肌悩みのランキングでは、上位に来るのはシミと、年齢には逆らえないシワもランクインしてきます。ターンオーバーも遅くなり、紫外線を浴びても肌の戻りが遅くなって、それがシミやシワにもなりやすいです。40代になって来ると、上位にはたるみの悩みもあります。

50代と60代のランキングトップは、どちらも迷うことなく、悩みはシワです。そして、シミとたるみの悩みも、ランキング上位にあります。新陳代謝は遅くなるため、肌トラブルは簡単には戻りにくくなります。

乾燥から肌を守ろう

皮膚の水分量問潤いと、油分量という皮脂が少なくなって、皮膚の表面場がカサカサしてきたら、乾燥のサインです。乾燥から水分を守ることが大事なのには理由があって、それがさまざまな肌トラブルの原因になるためです。健やかな皮膚の状態というのは、水分量と油分の量が、ベストな状態であることで成り立ちます。しかし水分量が少なくなって、脂分の量も少なくなってしまうと、それだけ皮膚を守ってくれるバリア機能も、どんどん低下していくことになります。

皮膚のバリア機能は誰にもあるもので、この機能低下というのは、外部からの刺激に弱くなることにもつながります。外部刺激は常にあるもので、毎日の太陽の光による紫外線もそうですし、空気の乾燥も外部刺激です。バリア機能が低下すると守る力も弱くなるため、乾燥や紫外線などの激を受けて、ニキビや肌荒れを起こしやすくなります。吹き出物ができた、余計に増やさないように、化粧品を塗布しないというのは間違えた認識ですから、リセットしましょう。

基本的に肌を乾燥から守るためには、日々の保湿ケアの徹底と、紫外線対策の徹底という2つに的が絞られます。乾燥している皮膚というのは、水分と油分が圧倒的に不足している状態です。吹き出物が出来ていたとしても、皮膚に触れてみるとカサカサしています。そこで行うのは、保湿のケアを徹底させて、肌のバリア機能を正常化させていくことです。バリア機能は低下したとしても、お手入れしだいで回復させていくことは可能です。

外部の感想から皮膚を守るためにも、化粧品の成分にもこだわることです。保湿をしっかり行うためには、セラミドを配合している、化粧水や美容液を選ぶのも良い方法です。毎日お出かけの時には、日焼け止めクリームを塗ることも忘れないことです。

紫外線による肌のダメージ

紫外線を浴びることで、肌はさまざまなダメージを受けることになります。美容に関心の高い女性にとっては、紫外線によるダメージは、かなり酷な内容が多いです。紫外線は皮膚をどんどん乾燥させていきます。人間の皮膚には、潤いを維持する保湿成分があります。ですが紫外線を浴びることで、最も表皮に近い部分にある角質層が、紫外線のダメージを受けます。大切な水分は奪われますから、バリア機能はどんどん低下していきます。古くなった皮脂脂肪を、回復の為に垢としてはがし、細胞を押し出すことになります。水分不足で機能が正常ではないため、皮膚は余計水分不足になります。

紫外線のダメージとして、シミやソバカスも出来やすくなります。皮膚にはメラニンを生産するメラノサイトがありますが、紫外線量が多すぎると、メラノサイトの量が過剰になります。ソバカスは遺伝の要素もあると言いますが、紫外線をたくさん浴びたために、シミと同じように肌に表れて、残りやすいです。サンスクリーン剤などでのケアをしないで、紫外線を浴び続けると、皮膚は徐々に敏感になっていきます。角質のバリア機能が低下して、肌が弱くなるためです。

シワやたるみは、年齢を重ねたためだと思っていたら、それは違います。実はシワができやすいとか、顔がたるみやすいというのは、紫外線のダメージでもあるためです。皮膚の奥にある皮脂というのは、コラーゲンの成分が70%を占めています。皮膚の弾力や、ふっくらしたハリは、このコラーゲンなどによって維持されているものです、しかし紫外線をたくさん浴びてしまうと、コラーゲンは硬くなってしまい弾力は失われていきます。紫外線は、肌にとってダメージが大きいのです。

■肌トラブルを一掃するにはこれ
トレチノインでニキビを解消!
■豊かな胸を手に入れたいなら
女性ホルモンを増加させる効果をブレストサクセスで
■肌を美しくしたなら次は脱毛!
医療レーザー脱毛ナビ